浅葉たいがのブログ

どこかにいるオタクの雑記

ナチュラクラシカで遊ぶ

ここ数年、フィルムカメラが密かに流行しているようです。昔は当たり前だったこのタイプのカメラが、今では懐かしく、ちょっと不便なところもあって愛嬌があるように感じるのかもしれません。中古市場も高騰しており、昔は安く買えたはずのフィルムカメラですら、機種によっては定価の何倍にもなっていたりします。古いものを集めたり、使ったりするのって楽しいですから、まだまだこの流れは続きそうです。

f:id:asabataiga:20180619163019j:plain

僕は最近、ナチュラクラシカというコンパクトフィルムカメラを持ち歩いています。このカメラも、発売当時から比べると随分と市場での値段が上がっています。使い勝手としては、写ルンですに近く、とりあえず適当にシャッターを切れば写真が撮れます。カメラ本体側で使える機能としては、ズームが効くくらいで特別な物は無いのですが、このフィルムカメラのために作られたナチュラ1600というフィルムはちょっと面白いものになっています。暗い場所での撮影に向けて作られたフィルムで、やや暗いところでも写真が撮れるのです。(ただこちらも、生産が中止されており、現在出回っているもので最後となりそうです。)
いざフィルムで何かを撮ろうとすると、なかなか撮りたいものがありません。デジタルカメラスマートフォンだと、多少写りが悪くても簡単に消したり修正できたりするので、何でもパシャパシャと撮影してしまいますが、一枚とれば残数の減るフィルムとなると、もったいなく感じてしまって、これは撮らなくてもいいだろうと思ったりするのです。実際に、デジタルで撮影したとしても、後から見直す写真はほとんどありませんし、現像することは稀ですから、これはこれで良いのかもしれません。そしてフィルムカメラには、現像してみないとどんな写真が撮れているか確認できないというデメリットがあるのですが、これが僕のようなデジタル写真の管理ができないずぼらな人間にはメリットに転じます。

f:id:asabataiga:20180619161145j:plain
f:id:asabataiga:20180619160647j:plain

フィルムカメラで撮影した写真は基本的にそのまま現像に出して、出来上がったものを保管します。デジカメのように、加工してから現像に出したり、フィルターを気軽にかけたりできないものですから、あまりごまかしがききません。思えばデジタルカメラで撮った写真は、結構気合いを入れて撮影していたりして、後々見るとこの場所はこんなに美しかったっけと驚いたりします。実際に肉眼で見るよりも、美しく撮れている写真が多いのです。そういった意味では、僕のようなたいした知識もないカメラ持ちにとっては、記録ツールとしてほどよいものに感じます。  
あとは、大きなメリットに一つ気がつきました。フィルムカメラはその場で写真が確認できないため、見せて、とお願いされないのです。友人なんかにカメラを向けても、フィルムカメラ、珍しいねえ、みたいなところで話が終わります。デジタルカメラだと、撮った人に写真を見せるのはなかなかプレッシャーがかかります。微妙な写りだった時に微妙な空気が一瞬流れるかもしれません。そう考えると、気楽で使いやすいカメラです。しばらくはこれをカバンの中に放り込んでおこうと思います。