浅葉たいがのブログ

どこかにいるオタクの雑記

ナチュラクラシカ.01

ナチュラクラシカに入れていたフィルムがいっぱいになったので、現像してみました。この手のフィルムカメラは、写ルンですを使ったことぐらいしかないので、そこら中で適当にシャッターボタンを押しているだけなのですが、1本のフィルムに何枚か、残しておきたい写真が入っていてドキッとします。(もちろん、失敗のような写真もとても多いです。)

f:id:asabataiga:20180718152325j:plain

f:id:asabataiga:20180718012608j:plain

それほどハイペースで撮影しているわけではないので、だいたい一本のフィルムを使い切るのに数週間か一か月くらいかかります。撮影から現像までこれだけ時間が空いてしまうと、どのように撮ったかという記憶もあいまいなので、こう撮ればこういう写真が撮るという経験値のようなものが蓄積されているような感覚がありません。でも、それがいいのかもしれません。

f:id:asabataiga:20180718011006j:plain

現像の際に特にオーダーも出していないので、ただ撮っただけという写真ばかりですが、デジタルとはまた違った質感があって、ついつい鞄の中に放り込んでしまいます。
(基本的に奥さんを撮ることが多いので、それらの写真をお蔵入りさせると、こうしてブログ上に出せるのは微妙なものばかりなのですが。)

f:id:asabataiga:20180718011216j:plain

 

f:id:asabataiga:20180718011221j:plain

 

f:id:asabataiga:20180718012552j:plain

今は、LOMO Chromo Purpleというフィルムをナチュラクラシカに入れています。このフィルムは、その名前のとおり、写真がPurple、紫っぽく仕上がるのです。
もちろん、今の時代では、Photoshopなどを使わなくても、カメラやスマートフォンでこうした加工ができるので、仕上がってきた写真に驚くということはありません。しかし、現像からあがってくるまでどんなものができているかわからないというのが、きっと楽しいはず。