浅葉のブログ

オタクの雑記

ノートって、なかなか良いもの

年が明け、仕事もいつものペースに戻ってきたので2019年の手帳を買ってきました。今年はMOLESKINEのマンスリーを使ってみることにしました。
多くのアーティストらが愛したこのメーカーのノートや手帳は、なかなか頑丈で、保存しておくのにも便利です。ブランド代的なものもあるのか、ノートとしては高価な部類ですが、1冊を1年くらいかけて使うことを考えると、それほど大きな出費ではありません。学生の頃は、張り切った買い物のひとつだったので、なんとか書き終えるまで使おうと必死でした。その頃の感覚が残っているからか、今でもMOLESKINのノートは、最後まで書ききれることが多いです。机の上や本棚に置いていても、目立ちすぎず埋もれすぎず、自分だけにわかる特別感のようなものを醸し出してくれるので、とても気に入っています。

 

仕事柄よく使う走り書き用のメモパッドや自分のアイディアをまとめるための方眼ノートも買い足してきました。まだストックはあるのですが、そろそろ切れるものもあったので。大きい文房具屋をウロウロするのは、本屋を回るのと同じくらい楽しいですね。

f:id:asabataiga:20190130141225j:plain

△今回色々と買ってみたノート。黒いのはモレスキン。黄色いのはメモパッド。机の上に置いて、電話の内容などを走り書きする際に使います。灰色のノートは、イタリア家具を主に取り扱うCassinaさんからもらいました。方眼ノートは、インテリアデザイン用と、文字を書く仕事用で分けています。

メモパッドは社内での伝達事項を書いておくのによく使います。簡単に一枚破れるということが大事です。方眼ノートは、デザインの端くれのようなことをしているので、図や絵でメモを取る際に便利です。文字を書くのも、何かメモのようなものを貼るのも方眼が目安になってくれるので、後々見直してもほどほどに見られるノートができあがります。

パソコンやタブレットスマートフォンなど、ノートの代わりをするものは沢山あります。5年くらい前は、ここらへんの機材の中で、ソフトやアプリを使い分けて、会議のメモ、アイディア帳、スケジュール帳などを作っていたのですが、最近はノート生活もいいなと思い直し、いろいろなノートを使うようになりました。
たとえば会議中、パソコンをパチパチとやるのは、状況によって控えた方がいい場合もある気がするのです。年配の方が多い会議では、あいつは何をやっているんだというような顔で見られることも少なくありません。しかし、所々でノートにメモを取っていると、話をちゃんと聞いているなという印象を受ける人が多いようです。全然別のことを考えて、浮かんできたことをメモにしたりしていてもです。さぼりの道具として、ノートはなかなかできるやつなのです。
スケジュール帳に関しては、ノートの場合、後に残りやすいというのも嬉しいところです。デジタルのスケジュール帳というのは、非常に使いやすい反面、機種変した時の引き継ぎがいちいち大変だったり、端末が唐突に壊れた時にバックアップが取りきれていないということも起こります。それに、自分の場合、スケジュール帳に、仕事とは関係のないことを書き込む癖があるので、自分で書く範囲を調整できるアナログなノートが便利だったりします。ある程度大きさがあれば、写真を貼り付けたり、切り抜きを貼り付けたることもできます。

ゆるゆると過ごすためのアイテムとして、ノート、なかなかおすすめなのではと思うのですがいかがでしょうか。種類やデザインもたくさんあるので、選ぶのも楽しいです。個人的には、頑丈そうで、本棚におなじものを数冊並べたところをイメージできるものを買うのがオススメです。

 

 

INFOBAR xvっておもしろい

最近は、au Design projectから4G LTEケータイのINFOBAR xvをメイン端末として運用しています。発売したのは2018年の11月、かれこれ2か月くらい使っていることになりますね。スマートフォンではなく”ケータイ”というキーワードが目立つこの端末は、最近珍しい物理キーボードを備えた小柄な端末になっていて、その使い勝手はかつてのガラケー寄り。

f:id:asabataiga:20190129161746j:plain

△ こちらがINFOBAR xvINFOBARシリーズの最新機種となります。色をどうするか迷いまくり、赤(ニシキゴイ)にしました。

いやあ、いいよねINFOBAR。昔、ガラケーとして登場した時には、発売日に買いに言ったことを思い出します。個人的にau Design projectの商品では、MEDIA SKINも大好きです。使っていたのは学生時代だけど、大人になって3台くらい買い足したほど好き。当然今は使えませんが、いつか後継機が出てくれると嬉しいですね。2017年に行われた「auおもいでケータイグランプリ」という企画でも、やはり個性的なau Design projectの端末が人気のようです。auの魅力は、こういう変態端末にあるんですよね!とずっと思っています。

time-space.kddi.com

INFOBAR xvに話を戻します。この端末は、あくまでケータイということで、iOSAndroidで使えるアプリのほとんどは使えませんが、有用なコミュニケーションツールであるLINE、ブラウザ版とはいえFacebookTwitterInstagramなどは使用可能。ガラケーの主流時代と違いブラウザがあれば案外何でもできることに驚きますね。Youtubeなんかも見られます。その他、FMラジオチューナーや音楽プレイヤーといった、遊びココロの効いた機能も搭載されていて、案外この端末一台でもやっていけるんじゃないかと思い始めたのが最近のこと。僕の場合は、スマートフォンでゲームをするので、完全に一台持ちにはできていませんが、この端末を持つことで、隙間の時間にスマートフォンをいじって休憩するということが減ったような気がします。これがすべての人にとっていいことなのかはわかりませんが、僕の場合は使える時間が増えたような気がしています。

f:id:asabataiga:20190129162315j:plain

ガラケーといいつつ、いろいろできる端末です。

カメラの方は最大800万画素。最近のスマートフォンについているカメラとカタログスペックで勝負するとやや、いやかなり部の悪い端末です。しかし、実際に使ってみると、撮影シーンの切り替えやエフェクトが多彩。これらをいろいろ変えて撮影する楽しみはなかなかのもの。スマートフォンのカメラアプリでも同じような機能を持つものがたくさんリリースされていますが、あくまで最初からプリインストールされているカメラでできるということが、ちょっと幸せだったりしませんかね。

f:id:asabataiga:20190129161356p:plain

△エフェクトを変えることで、表情豊かな写真を撮影可能です。

f:id:asabataiga:20190129160511j:plain

△なんだかよくわからない写真を撮影できる万華鏡エフェクト。

f:id:asabataiga:20190129154012j:plain

△鏡を使ったような写真が撮影できるミラーエフェクト。

f:id:asabataiga:20190129153812j:plain

△水彩画エフェクトでは、イラストのような写真を撮影することも可能。撮影時はもちろん、撮影後に同じように加工できる機能も存在します。

暗い場所での撮影はあまり得意ではありませんが、シーンの設定などを行うことで、ある程度雰囲気を変えつつ写真を撮影できます。これくらい撮れれば十分かなというところはおさえてくれるので、個人的には大満足。設定で、画素数を落とせば、昔のガラケーのような写真にすることも可能。

f:id:asabataiga:20190129153702j:plain

f:id:asabataiga:20190129153946j:plain

まだまだ、この端末で写真を撮るということに慣れていなくて、ブレブレの写真なんかも多いですが、手に馴染んだスマートフォンの形とは違う事で、撮ることにちょっとした特別感があるのが嬉しいですね。僕は写真については下手の横好きなので、スマートフォンとカメラで写真を撮り分けつつも、いざ後で確認してみるとその違いがいまいちピンとこないということがあったりしたのですが、この端末の遊び心のあるカメラを使い始めてからは、撮り分けが楽しくなりました。

f:id:asabataiga:20190129153641j:plain

f:id:asabataiga:20190129153644j:plain

f:id:asabataiga:20190129154001j:plain


久々のINFOBARの新型なので、ミーハー精神に振り回された勢いだけで買った端末ですが、とても満足しています。これだけオサレな物理キーとかすぐ壊れそうとか思うっていたのですが、案外雑な仕様にも全然耐えてくれています。スマホゲームを辞められないため、現状は2台持ちですが、随分安い料金で運用できています。ゲームもネットもほどほどにしかやらないという方であれば、一台持ちでも十分かもしれませんね。

 

商店街の地図

徳島の商店街の近くをふらっと歩いていたら、近辺の地図が掲示されているのを見つけました。見つけた時は、特に気にすることなく、手に持っていたフィルムカメラで撮影してみたのですが、現像したものを眺めると、今の街の姿との違いに驚かされます。

f:id:asabataiga:20181030191523j:plain

記憶を辿る限り、そんなに昔のものではなさそうです。全国チェーンであるカプリチョーザがあったり、徳島地産のものを売っているマルシェの名前もあります。最近の徳島をアニメ文化を牽引するufotable CINEMAができたのは2012年のことですから、少なくともその地図はそれ以前のものとなります。

f:id:asabataiga:20181030192916j:plain

それほど時間が経っていないはずなのに、なくなったお店も多いことに驚きます。個人的によく買い物をしていたゲームショップや雑貨屋はもうありません、よく食べに行っていた飲食店もなくなりました。そんなわけで、最近の徳島の商店街は、ひっそりとしています。元気にオープンしているお店ももちろんありますが、僕がよく通っていた中学・高校時代からは想像もつかないほど、歩いている人の数が減りました。

f:id:asabataiga:20181030193047j:plainそんな商店街を歩いていると、ときどきこれからのことを考えます。再開発のようなものが立ち上がれば、少しは活気が戻るかもしれません。しかし、今の商店街も悪いことばかりではありません。イベントの時に、フリースペースとして活用できる場所が多いという強みは、経済的には大したプラスにもならないのかもしれませんが、ちょっとした個性ではないかと思います。阿波踊りやマチ★アソビでは、今のゆとりある商店街が、なかなか活躍しているのです。ただ、そのためだけに現状維持というのもちょっともどかしい。

どういう街の姿が、徳島に合っているのか。なかなか難しい問題ですね。